砂沼サンビーチの料金・施設情報・注意点まとめ

プールで遊ぶ子ども
まこと
ども~茨城のおじさんブロガー、「いばらじお♪」の清宮真(@makoto_seimiya)です。

 

今回は、下妻市にある人気のプール砂沼サンビーチを紹介しますね。ここ、流れるプール波のプールウォータースライダーなどがあって凄く充実しています!子どもと一緒に楽しく遊んで来たので、料金・施設・飲食情報・注意点などを、ちょっと詳しく書いてみますよ。

それでは、いばらじお♪茨城散歩スタートしまーす(´Д`)

 

まこと
2018年(平成30年)は7月14日~9月2日までの営業ですよ~♪

 

砂沼サンビーチの情報

砂沼サンビーチは下妻市の砂沼湖のすぐ近くにある砂沼広域公園内のプール施設です。

 

砂沼広域公園の入り口

僕が子供の頃からあるプールで毎年夏になるとたくさんの人が遊びに来る超人気スポットなんですよね。

 

まこと
30年以上経ちますかね…久しぶりに遊びに来たのでめっちゃ懐かしいです。

 

砂沼サンビーチの基本的な情報

《住所》

〒304-0056 茨城県下妻市長塚乙4-1

《入場料》

  • 大人(高校生以上):1,100円
  • 小中学生:500円
  • 幼児(3歳以上):300円

《開場時間》

  • 9:00~17:00(平日)
  • 8:30~17:00(土日祝・お盆8/13~16)

※最終入場は16時

《電話》

0296-43-6661

《駐車場》

普通車:500円

《公式HP》

http://www.sanumasunbeach.com/

 

砂沼サンビーチの駐車場

砂沼サンビーチの駐車場なんですが、土日祝日とお盆休み期間は早い時間に満車になってしまう事が多いらしいですね。ちなみに駐車場は開園時間の2時間前から開きますよ。

満車の看板

土日、お盆は早い時間に満車に。

今回は、海の日を含む3連休の中日に遊びに来ましたがお昼すぎに到着したら駐車場は満車になっていました。

 

でも、安心してくださいね。少し離れた場所には臨時駐車場もあるし、200円ほど駐車料金が高くなりますが普通車なら700円でとめられる民間の駐車場がプールの近くにありましたよ。

臨時駐車場と民間駐車場の入り口

写真は砂沼サンビーチの入り口を背にして見たもので、臨時駐車場の場所は下妻中学校の看板があるすぐ先の空き地。民間の駐車場は写真手前の道路を右側に入って行くと数百メートルの所にありますからね。

 

臨時駐車場

臨時駐車場の入り口

こちらが臨時駐車場の入り口です。料金は普通車500円。

 

民間駐車場に向かう道路

民間駐車場に向かう道路を数百メートル行くとプールの入り口もすぐそこですよ。

 

民間の駐車場とプールの入り口

民間の駐車場とプールの入り口

こちらの民間駐車場は普通車700円ですがプールの入り口には一番近いですね。

 

砂沼サンビーチの入り口

砂沼サンビーチの入り口

砂沼サンビーチの入り口

こちらが砂沼サンビーチの入り口です。いや~マジで懐かしいな! 駐車場は満車でしたけど入場ゲートは空いていて並ぶ事もなかったので、時間をずらしてゆっくりお昼すぎに来るのも良いかも知れませんね。

 

では、さっそく入場券を買って中に入りましょ~♪

入場券売り場

入場券売り場

 

こちらがプールの入場料です。

区分金額
大人(高校生以上)1,100円
小中学生500円
幼児(3歳以上)300円

 

まこと
たぶん市営なので料金がわりと安い!

 

あとで詳しく書きますが、流れるプールや波のプール、立派なウォータースライダーなど施設がかなり充実しているので、この料金はめっちゃリーズナブルだと思いますよ。

あ、あとね、オムツのとれていない幼児も水あそびパンツを着用の上に水着を着用すればプールに入れますからね。※但しプールによっては保護者同伴でも利用出来ないプールがあります。

 

砂沼サンビーチの更衣室と売店

砂沼サンビーチの更衣室と売店

はい。入場すると右側に更衣室と売店があります。ここでちょっとした注意点があるんですけど、更衣室のコインロッカーは1回100円で、残念ながら入れたら戻って来ないタイプなんですよ…。だからプールサイドに持ち込むものを忘れないように気をつけましょうね。

 

簡易防水のケースを600円で購入

ちなみに僕は売店で簡易防水のケースを600円で購入しました。これにお金を入れてプールに向かえば買い物するのに便利ですよ。ほかにもスマホの防水ケースなんかも2000円くらいで売っていましたね。

では、いよいよ水着に着替えてプールに向かいましょ~♪

 

砂沼サンビーチの雰囲気

砂沼サンビーチの雰囲気

こちら、砂沼サンビーチの雰囲気はこんな感じ~♪ プールサイドを見るとパラソルやテントが並んでいてプールと言うより、たしかにビーチみたいなんですよね。テントの持ち込みや飲食物の持ち込みも自由!まるで海に遊びに来るみたいな感覚なんですよ。

テントは2~3人用の小型のサンシェードに限ります。なお、柱付きのテントは禁止。(一辺が2.0m、高さ1.5m以上のサイズは使用出来ません。)

アルコール類、スイカは持ち込み出来ません。

 

みんなサンダルを履いてる

ほんと海みたいなのでビーチサンダル、もしくはクロックスのようなサンダルは必須アイテムなので絶対に持参しましょう!まぁ、忘れても売店で買えますけど…ウチにあるならもったいないでしょ。

 

裸足だと熱い

じつは、おじさんサンダルを忘れたのでプールからプールへの移動にヒイヒイ言っていました…汗(←ケチだから我慢して1日すごしちゃったけどw)

 

砂沼サンビーチはプールの種類が豊富!

では、砂沼サンビーチにあるプールを紹介したいと思うんですが、さっきから何度も言っていますけど種類がめっちゃ豊富なんですよ!!

 

砂沼サンビーチにあるプールの種類

  • ウォータースライダー
  • 波のりビーチ
  • 25mプール
  • 水の森
  • 流れるプール
  • 水の遊園地
  • 滝すべり
  • 幼児プール
  • 水上リフト
  • 鬼怒川下り

 

しょーじき全部を紹介するのは大変なので、人気の高いプールを選んで紹介しますね~♪

 

ウォータースライダー

ウォータースライダーの全貌

まずは、何と言ってもウォータースライダーが気になりますよね!砂沼サンビーチにはAレーン120メートルとBレーン80メートル2本のスライダーがあるんですよ!

 

ウォータースライダーを滑走

ウォータースライダーは、もちろん追加費用なしで楽しめます。(←施設内すべてのプールが追加費用なし)この時は階段の真ん中くらいまで列が出来ていましたが並びはじめてから滑るまでは約20分くらいだったかな…?体感的にはけっこう長く待たされる感じがしましたね。

迫力は十分にあります!大人も楽しめるのでぜひ、子どもと一緒に滑っちゃいましょ~♪ ちなみに、身長120cm未満の方は利用することができませんので注意してくださいね。

 

波のりビーチ

波のりビーチ

砂沼サンビーチの波のりビーチは9:15から1時間おきに30分間にわたって大きな波が楽しめます。前の方へ行くと深さもあるし、なかなかの迫力ですね。子どもは浮き輪を持っていくと凄く喜びますよ~♪

 

浮き輪等の空気入れ

浮き輪等の空気入れ

ちなみに、浮き輪等の空気入れはコインロッカー入口付近に用意されているので自由に使えますからね。

 

水の森

水の森の雰囲気

こちらの水の森は、小さな子どもにおすすめ!大量の水が木に見立てたパイプから噴射されていて気持ちが良いですよ~♪

 

流れるプール

流れるプール

こちらは、流れるプールです。流れるプールはぐるぐるまわっているだけで楽しいので、けっこう混雑してますね。流れの速さもゆっくりだし、そんなに深くはないので、目をはなすのは厳禁ですが、小学生なら安心して遊べるんじゃないでしょうか。

ただし、1箇所だけ流水プールの流れをつくるために強烈な流れになっているポイントがあるので小さな子どもは気をつけてくださいね。

 

水の遊園地

水の遊園地

一緒に遊びに来た息子に1番人気があったのが、こちらの水の遊園地にあるウォーターガン!みんな大騒ぎで銃撃戦を繰り広げていましたよwww 水鉄砲の使用は順番待ちなので3分程度遊んだら次の子に代わってあげましょうね~♪

 

ウォーターガンで遊ぶ子

めっちゃ楽しそう!

 

滝すべり

滝すべり大と小

こちらは砂沼サンビーチで最も高い滝すべりの大50mと、小15mです。ここから見る砂沼と筑波山の景色は壮大!一気に砂沼にすべり降りる気分でスリル満点ですよ~♪ ちなみに大は中学生以上、小は小学生以上じゃないと利用できませんので注意してくださいね。

 

滝すべり小で遊ぶ子

これもめっちゃ楽しそう!

 

砂沼サンビーチの売店

売店のかき氷

砂沼サンビーチの売店は、ふつうに食堂ですね。ラーメンやうどん等の麺類や、カレーや丼もの等のご飯、かき氷やソフトクリームなどなどメニューはかなり充実しています。この日は3時くらいに売店に来たら食べ物は品切れでオーダーストップ、かき氷も運良く最後の1杯がギリギリセーフで食べられたって感じでしたよ。

砂沼サンビーチは飲食物の持ち込みも禁止されていないので持参するのも良いかも知れませんね。

 

この記事のまとめ

今回は下妻市にある砂沼サンビーチを紹介しました。プールの種類も豊富だしサンシェードや飲食物の持ち込みもOKなので、まるまる1日みっちり遊べますよ。やっぱりこの料金は大満足ですね!お得だと思います。

暑い夏に子どもと一緒に行きたいおすすめスポットですよ~♪

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

まこと
これからも茨城の魅力と、ちょこっと自分の事も伝えるべく粘り強く頑張るので応援してちょ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいばらじお♪をフォローしよう!

関連記事(一部広告含む)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

清宮 真

茨城のおじさんブロガー いばらじお♪を運営している清宮真です。 陽気なおじさんがラジオパーソナリティのように茨城の魅力を届け読む人の気持ちを明るくします。 食いしん坊なので茨城県内の食レポ多め。 3人の子どもの子育て中につき、こどもと一緒に行けるお出かけスポットやイベントも紹介しますよ~ 好みの記事があると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。