【解決!!】しゃっくり(ひゃっくり)を一発で止める方法!? #いばらじお




mistake-1966448_640

ども~茨城のおじさんブロガ、「いばらじお♪」の清宮真(@makoto_seimiya)です。

今回は、しゃっくり(ひゃっくり)を一発で止める裏技を紹介しますよ~♪ 効果には個人差があるかもしれませんが、僕はこの方法だと一発で止める事ができました!! それでは、いばらじお♪スタートしまーす(´Д`)

◎しゃっくり(ひゃっくり)とは何?

woman-400574_640

そもそも “しゃっくり” とは何か?僕が先生に教わったのは…横隔膜が痙攣(けいれん)しちゃっている状態って事らしいんですよね。これって、普通は少し気持ちが悪いだけで自然と治りますが、まれに病気が原因の場合もあるみたいですよ。病気が原因なら病院に行かないとダメでしょうね…(;´Д`)

ちなみに、僕は “しゃっくり” ではなくて “ひゃっくり” と言いますけど(➡方言かな?)

◎しゃっくり(ひゃっくり)の止め方

caricature-871669_640

しゃっくり(ひゃっくり)の止め方で良く言われてるのが「ビックリさせる」だと思うんですけど、これ都市伝説に近くないですかw だって、それで止まった試しがないもんな…

しゃっくり(ひゃっくり)の止め方を調べてみると、たくさんの方法があって驚きました(笑)

  • 息を止める
  • 唾を何回も飲み込む
  • 水をゴクリとのどを鳴らすように一気に飲む
  • うがいを長くする
  • 蜂蜜を飲み込む
  • 横隔膜辺り(胸とお腹の間くらい)を手で抑える
  • ぴょんぴょん飛び跳ねる
  • 驚く、驚かせてもらう
  • くすぐる、くすぐってもらう
  • 何か他の事に集中する
  • 目を瞑って頭の中で横隔膜のけいれんが静まるのを想像しながら深呼吸をする。
  • お腹から大きな声を出す
  • 温かい飲み物をゆっくりすすりながら飲む
  • 舌を手でつまんで数秒間引っ張る(強くは引っ張らない)
  • 腰を捻る体操を繰り返す

出典【しゃっくりを止める】しゃっくりの原因や止め方

ん…。なんか、「めっちゃ胡散臭くねぇwww」って思うのは僕だけ!? 「ぴょんぴょん飛び跳ねる」とか「何か他の事に集中する」ってバカっぽくないですか?さらに「目を瞑って頭の中で横隔膜のけいれんが静まるのを想像しながら深呼吸をする。」とか「舌を手でつまんで数秒間引っ張る(強くは引っ張らない)」って…コントじゃんかよw

まあ、効果には個人差があるみたいだから、うえの方法で止まればそれで良いんだと思いますけど…

◎しゃっくり(ひゃっくり)を一発で止める方法

thumbs-up-2649310_640

では僕がイチオシの、しゃっくり(ひゃっくり)を一発で止める方法を紹介しますね。※個人差があるので一発で止まるのは僕だけかも知れません。

P9223585

まずは、コップに一杯の水を用意してください。

P9223586

そしたら、これを普通に飲まないで矢印の側から飲んでくださいねw つまり、普段はコップの手前側の縁に口をつけて飲みますが、反対側の向こう岸から水を飲む、飲もうとしてくださいって事ですよ!!

horse-2423820_640

めっちゃ飲みにくいんで、こんな感じになってしまいますが頑張って飲もうとしてみて下さいね(笑)

smile-2001662_640

すると、あら不思議!気がついたら止まっちゃいましたよ~♪ ※効果には個人差があります。

どうですか?僕はこの方法だと必ず治っちゃうんですけど…。

みなさんも、ぜひ自分に合った方法を見つけて “しゃっくり” の悩みから解放されましょうね!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

これからも茨城の魅力と、ちょこっと自分の事も伝えるべく粘り強く頑張るので応援してちょ!

当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損失・損害についても、当方では責任を負うものではありません。予めご了承ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいばらじお♪をフォローしよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清宮 真

茨城のおじさんブロガー いばらじお♪を運営している清宮真です。 陽気なおじさんがラジオパーソナリティのように茨城の魅力を届け読む人の気持ちを明るくします。 食いしん坊なので茨城県内の食レポ多め。 3人の子どもの子育て中につき、こどもと一緒に行けるお出かけスポットやイベントも紹介しますよ~ 好みの記事があると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。