【水戸芸術館】毎年恒例の野外上映 を観てきたよ! #地域ブログ #茨城 #いばらじお




DSC05178

どうも!茨城のおじさんブロガー、「いばらじお♪」の

清宮真(@makoto_seimiya)です。

今回は、水戸芸術館で毎年恒例の野外上映を観てきました。

夜のアートタワーが幻想的で月夜が気持ち良い野外での映画鑑賞会でしたよー!

毎年恒例の野外上映

DSC05236

▲月夜に照らされたアートタワーと巨大スクリーンが幻想的

僕も大好きな水戸芸術館の人気イベント「水戸短編映像祭」の野外上映実行委員さんが上映する映画は、なんと鑑賞無料です!

DSC05180
DSC05185

少し早めに到着したので、まだお客さんあまりいませんでしたが、上映開始の18:30になると用意された椅子や芝生に寝転んでのんびりと映画を鑑賞する人がたくさん。

特別な雰囲気に子供たちもワクワクしていました。

DSC05177

▲キッチンカーも出ていましたよ。


DSC05198

ホットドッグが凄いボリュームで超旨そうでした。

DSC05204

映画と言えばポップコーンでしょ!って事でポップコーンを購入。

DSC05194

外で飲みながら食べながら映画観る!野外上映って、コレが楽しみなところもありますね。

DSC05192

▲野外上映実行委員さんの挨拶で上映スタート

今回で野外上映は5回目らしいです。今回の上映作品はスピルバーグ監督の「未知との遭遇」

ちなみに1回目は「E.T.」だったみたいです。野外上映はスピルバーグ推しなんでしょうかね。

子供たちと一緒に観るなら「E.T.」の方が楽しめたかな??

僕は、この頃のアメリカ映画好きです。特撮もこのくらいチープな感じが懐かしいし、CGとか映像技術が進歩してリアルを追求すると、逆に嘘クサくなる気がしちゃうんですよね。

誰かの空想を覗いて観ているような、絵本の世界に入り込んだような懐かしい感覚がします。

DSC05226
DSC05213

子連れなので途中で帰りましたが、野外上映の雰囲気がとても良かったです。

夜の撮影は難しい、写真がヘタっぴでごめんなさい(*_*)

水戸短編映像祭のチケットも発売中

水戸短編映像祭のチケットも発売中です。水戸短編映像祭はマニアックでアートな作品のチョイスが素晴らしいです!

▼Aプログラム

▼Bプログラム

▼Cプログラム

▼Dプログラム

▼Eプログラム

▼Fプログラム

▼コンペティション部門

僕は、個人的にはコンペティション部門が大好きです。若手映像作家さんの映画が面白いし、監督さんの話も聞けて、いつもと違った角度から映画を観れるところが良いですね!

水戸短編映像祭はゲストも魅力で、映画監督さんはもちろん、いろんな分野で活躍しているアーティストさんのトークが聞けちゃいますよ。

僕が過去に観たゲストは、リリー・フランキーさん(トークが超面白かった)、向井秀徳さん(ギター演奏してカッコ良かった)などなど豪華でした。今年は誰のお話が聞けるんでしょうか!とても楽しみですね♪

YouTubeの映像は水戸短編映像祭のものではありませんが、水戸でのリリーさんのトークも最高に面白かったです。

ハッキリ言って、しょーもない映像作品をダラダラと上映して遊んでる感じでしたけど(笑)

ナンバーガール!向井秀徳カッコイイ!!

水戸芸術館のホールでもアコースティックライブが聴けました!

水戸短編映像祭の詳細情報

水戸短編映像祭の詳細情報についてはコチラでご確認ください。

水戸短編映像祭公式サイト

■住所 茨城県水戸市五軒町1丁目6−8

■電話  029-227-8111

■営業時間 9時30分~18時00分

水戸芸術館では、1年を通して楽しいイベントや企画が盛りだくさんです!ぜひチェックしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいばらじお♪をフォローしよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清宮 真

茨城のおじさんブロガー いばらじお♪を運営している清宮真です。 陽気なおじさんがラジオパーソナリティのように茨城の魅力を届け読む人の気持ちを明るくします。 食いしん坊なので茨城県内の食レポ多め。 3人の子どもの子育て中につき、こどもと一緒に行けるお出かけスポットやイベントも紹介しますよ~ 好みの記事があると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。