【自動車鈑金塗装】車の外装修理にリサイクル部品を使うメリット #茨城 #車 #傷 #ヘコミ凹み #事故車修理




DSC03970

▲リサイクル部品のバックドア

どうも!茨城のおじさんブロガー

いばらじお♪の清宮真(@makoto_seimiya)です。

今回は、僕、おじさんの仕事、自動車鈑金塗装について書いてみます。

自動車事故で車を修理する際、僕は積極的にリサイクル部品(中古部品)の利用をすすめています。

リサイクルは「エコ」と言うだけじゃなく、プロだから分かる大きなメリットがあるんです!

ハッキリ言って、デメリットはないと思いますよ。だから絶対に中古部品を使うべきです!

それでは、プロが教える、純正新品部品より、リサイクル部品を使った方が良い理由を、いばらじお♪ いってみましょー

◎リサイクル部品のメリット①「環境にやさしい」

environmental-protection-326923_640

自動車リサイクルパーツ大手NGPのホームページでは、車の修理や車検にリサイクル部品を使用することで、新品部品を製造する場合とリサイクル部品を製造する際にそれぞれ排出されるCO2の値の差をCO2削減値として紹介しています。

NGPのホームページ

リサイクル部品、中古部品を使う1番分かりやすいメリットはエコ!環境に優しいって事ですよね。

同じモノがあるなら、新たに製造するより、それを使った方が良いのは、あたりまえっちゃーあたりまえですからね。

それに、補修用に新たに製造する純正新品部品は、新車生産時のものとは厳密に言うと全然違います!コレが重要なんだけど、分かりにくいですよね~

◎リサイクル部品のメリット②「新車生産ラインの塗装を活かせる!」

まず知っておきたいのが、新車生産ラインの塗装が最高の品質だという事。密着性、耐久性において新車の塗装はハイクオリティーです!

DSC07641_convert_20160220161319

▲メーカー純正新品部品

新品ドアパネルなどの部品は、上の写真のように未塗装の状態で流通しています。正しくは、サビ止めの粗悪な、とりあえずの塗装が施されている状態になります。

car-498439_640

未塗装の新品部品は下処理(ペーパーがけ)して塗装するのですが、どんな凄腕の職人が最高の設備で塗装しても新車(オリジナル)の塗装には敵いません。

それは、「新車生産ラインの塗装」と「修理工場の塗装」は、そもそも塗装の仕方が違うからなんです!

新車の塗装は「高温の焼付」or「電着」

新車の塗装は高温の「焼付塗装」もしくは「電着塗装」です。これと同じ塗装方法で修理できれば最高なのでしょうが結論から言うと不可能なんですよね。

新車生産ラインではボディのみ(内装などの部品はまったくない)状態で塗装しているので高温で焼付できますが、修理だと温度に限界があります…

だって鉄以外の部品は溶けて燃えちゃうから!配線とかヤバいしww

ある程度の熱は加えられますが新車と同じ焼付は無理だよ…

電着塗装にいたっては車ごと粉状の塗料のなかにダイブして塗装されてますからね…

という事で、「新車と同じ塗装」はできないんですよね。補修の塗装には耐久性や密着性に限界があり新車の塗装には敵わないのです。

DSC03970

ですから、リサイクル部品を使って新車生産ライン時の塗装を活かせば、修理を100%に近づける事ができます。同色のリサイクル部品があった場合はラッキーです!絶対に利用した方が良いですよ。

たとえ少々キズがあってもリサイクルを部分補修して使った方が賢いです!だって新品だとパネル全体が補修塗装になっちゃうわけだからね。

◎リサイクル部品のメリット③「コーキング剤」

DSC03972

ドアパネルの裏側を見ると、周り、端っこを、ぐるっとコーキングしてあるのが分かりますか。

コレが、表と裏のパネル2枚を合わせた「合わせ目」に水分が侵入しサビが発生するのを防いでいます。

DSC09450

このコーキングは新車生産ラインでロボットが入れたものですが、補修用の新品部品には入っていません。コレを100%同じように綺麗に入れるのも不可能だと思いますね・・・。

▲コーキング剤(コーキングとは、気密性や防水性のために施工される隙間を目地材などでふさぐ(充填する)事です。

◎リサイクル部品のメリット④「付属の部品」

DSC07642

補修用の新品部品は、ほんと、ただのパネルです。何にもついていません…。

DSC03971

リサイクル部品を使えば、内装のトリム(内張り)や、配線を利用することも可能。

DSC03973

ワイパーやモーター、ハイマウントやアウターハンドル、バックモニターカメラなどなど、すべて利用できます。

修理する車に付いている部品と比べて程度の良い方を使うとナイスですよね~これで修理代も浮きますし(笑)

とくにリアゲートの場合ガラスがそのまま使えるのが凄くメリット大きいですね!

リアゲートのガラスは貼り付けなので脱着に1万円以上費用がかかるし、脱着した場合の雨漏りリスクも考えられます。

◎リサイクル部品のメリット⑤「修理が早い!安い!」

DSC08730

こんな感じの事故修理も、リサイクル部品を利用したことで、純正新品部品を使うより、早く安く、綺麗に修理することが出来ました。

環境にも優しいうえに、「安くて、早くて、キレイ」。僕も仕事がしやすいので、Win-Win-Winじゃないですか!

◎修理の様子と仕上がり

DSC08743

右側のフロアの辺りが、目測で5cmは内に入っています。車体を固定し引き出していきます。

DSC04052

バックパネルの一部を切断して・・・

DSC04055

新品部品をカットして移植。

DSC04070

塗装します。

DSC04165

リサイクル部品を組み付けて、軽く補修してあげれば出来上がり!

◎劇的ビフォーアフター!!

DSC08716

▲BEFORE

DSC04165

▲AFTER

◎リサイクル部品のメリット まとめ

model-1364607_640

車においては、新品部品より、リサイクル部品の方が、より綺麗にリペア出来る場合があります。

もしものアクシデント時は、ぜひ利用を検討してみてください!

補修のプロから見ても、メリットしか見当たりませんよ!マジで(笑)

※注意 ヤフオク等、個人売買の場合、製品に補償がありません。頼む際は修理業者に任せた方が良いと思います。

◎茨城県の自動車鈑金塗装専門店 オートショップ清宮

  • 住所 茨城県小美玉市川戸1454
  • 電話 0299-58-0939(常時電話受付)
  • 定休日 不定休
  • 出張見積もり無料!お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

これからも茨城の魅力と、ちょこっと自分の事も伝えるべく粘り強く頑張るので応援してちょ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいばらじお♪をフォローしよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清宮 真

茨城のおじさんブロガー いばらじお♪を運営している清宮真です。 陽気なおじさんがラジオパーソナリティのように茨城の魅力を届け読む人の気持ちを明るくします。 食いしん坊なので茨城県内の食レポ多め。 3人の子どもの子育て中につき、こどもと一緒に行けるお出かけスポットやイベントも紹介しますよ~ 好みの記事があると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。