【2016/5/21・22】水戸市七ツ洞公園でケルティックフェスティバル




DSC02658

どうも、茨城のおじさんブロガー

清宮真(@makoto_seimiya)です。

今日は、水戸市七ツ洞公園で開催中のケルティックフェスティバルに行って来ました。

ケルト音楽のライブ、素敵なお店、美味しいお店が沢山で盛り上がっていますよ!

ケルティックフェスティバル2016

DSC02686

開催は今日5/21と、明日5/22の2日間です。

今日はたくさんの人で大盛況でした!まだの人は是非。

場所 七ツ洞公園  時間 10:00~16:00

水戸市七ツ洞公園

DSC02629

水戸市七ツ洞公園は映画「テルマエ・ロマエ」のワンシーンで使われた公園です。

僕は、生まれも育ちも茨城ですが、初めて訪れました。

実は茨城って、映画やドラマのロケによく使われているんですよね。

DSC02642

英国風景式庭園には薔薇が咲いて、とっても綺麗でした。

#水戸市七ツ洞公園 #薔薇 #英国庭園

Makoto Seimiyaさん(@makotoseimiya)が投稿した写真 –

ケルティックフェスティバルの様子

DSC02659

素敵なお店がたくさん出店していましたよ。

だいたいは水戸市内の人気店なんでしょうかね。

DSC02682

水戸市のお洒落カフェ「NEUTRAL」や、

DSC02662

人気の花屋「グリーンスポット」など

#ケルティックフェスティバル #素敵なリース

Makoto Seimiyaさん(@makotoseimiya)が投稿した写真 –

グリーンスポットのブースではワークショップも行われていました。

DSC02656

こちら「analog books」は実店舗はなく、イベントなどに出現する本屋さん。

DSC02689

絵本も可愛いのが沢山売ってました。

美味しそうなお店も沢山

DSC02673
DSC02665
DSC02664
DSC02675

人気のイタリアンレストラン「ブラックバード」の出店ブース

さすが地元の人気店、凄い行列ができちゃっていました。

確かに、ここの料理は美味しいからね。僕も大好きです。

でも、ブラックバードの料理はお店に行けば、いつでも食べられるんだしって事で・・・

DSC02677

お隣にあった、こちらのお店へ。

僕の嗅覚が、「ここも美味しいに違いない!」と反応してます。

DSC02702

まず、このフルーツが綺麗な飲み物が激ウマでした!

フルーツビネガー「サングリア」ですって!初体験のドリンクです。

フルーツの甘さとビネガーの酸味がさっぱりで絶妙! ほんと美味しい~♪

DSC02680

注文したパスタ「バルダーナロッソ」も激ウマっ!

ゴボウとベーコンとコンキリエのトマトソースパスタ これも初めて!

DSC02681

ゴボウがたっぷり入ってました。しっかりゴボウの味がして美味しい!

トマトソースとゴボウって合うんですね!!これは、大地の味のパスタですよ。

実店舗にも行って食べてみたくなりました。

DSC02707

ショップのフライヤーもらってきました。「インテルヴァッロ」

栃木県小山市のお店らしいです。茨城との県境で、そんなに遠くないそうです。

お店のスタッフさんも気さくで良さそうな人たちでした。

ここはきっと素敵なお店に違いない!是非食べに行こうと思います。

ケルト音楽の生演奏

会場はケルト音楽のライブ、生演奏で雰囲気が盛り上がっています♪

美味しい食事と楽しいお買い物、生演奏まで聴けて最高に素敵なイベントです!

ケルティックフェスティバルの会場

七ツ洞公園

〒311-4205 茨城県水戸市下国井町2457

電話 029-232-9214

ケルティックフェスティバルFacebookページ

DSC02704

水戸駅南口⇄七ツ洞公園の無料シャトルバスもあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

がんばって書いてます。応援してちょ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいばらじお♪をフォローしよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清宮 真

茨城のおじさんブロガー いばらじお♪を運営している清宮真です。 陽気なおじさんがラジオパーソナリティのように茨城の魅力を届け読む人の気持ちを明るくします。 食いしん坊なので茨城県内の食レポ多め。 3人の子どもの子育て中につき、こどもと一緒に行けるお出かけスポットやイベントも紹介しますよ~ 好みの記事があると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。